いせはら泌尿器クリニック

伊勢原市の泌尿器科・性病科・内科 いせはら泌尿器クリニック

〒259-1132 神奈川県伊勢原市桜台2-1-32
リードンハイツ
TEL 0463-97-7772

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

前立腺肥大症

前立腺肥大症とは?

 一般的に男性は年をとってくると、若い頃に比べて尿が出にくくなります。その原因の中で最も多いのが、前立腺肥大症です。前立腺は膀胱のすぐ下にあるクルミぐらいの大きさの臓器で、精嚢(せいのう)と一緒に精液をつくる役目を果たしています。そして、この真ん中を通っているのが尿道です。年をとるにつれて、前立腺はだんだん肥大していきます。そのために尿道が圧迫されて、尿が出にくくなります。

 

前立腺肥大症の症状

 尿がすぐ出ない、少ししか出ない、出はじめてから時間がかかる、尿をした後もスッキリせず、残っているような感じがする(残尿感)、トイレから戻ってすぐまた行きたくなり(頻尿)、とくに夜間に行く回数が多い(夜間頻尿)、股の間(会陰部)に圧迫感がある、尿を我慢できずにもらしてしまう(尿失禁)などがみられるようになります。こうした状態を長い間放っておくと肥大が進み、膀胱に残る尿の量が増え、感染や腎不全などの病気を引き起こすことがあります。

 

前立腺肥大症の診断

 自覚症状の程度、尿流計、超音波検査で診断されます。
 自覚症状の程度を点数で表す採点表(表:採点表)が診療の場で使われています。自分で採点できるので、排尿の悩みが簡便に客観的に把握できるので便利です。この表で、それぞれの質問項目に答えて合計点数を出してみましょう。7点もしくはそれ以下の点数であれば軽度、8から18点が中等度、19点以上は重度の症状と判定されます。また、15点以上であれば、診療を受けるほうがよいと判断されます。ただしこの表はあくまでも主観的なもので個人差が大きいこともわかっています。
 尿流計は、患者さんに装置に向かって排尿してもらい、排尿開始時から終了時までの単位時間あたりの排尿量(尿の勢い)を測定するものです。患者さんが漏斗(ろうと)状の便器に向かって排尿すると、漏斗の下においてある容器に尿がたまり、その重さの増加速度が、グラフとして表示されます。尿流率の値により、毎秒15~20mlを軽度、10~15mlを中等度、10ml以下を重度と分類しますが、あまり尿がたまっていない時に排尿すると勢いがないというふうに、最大尿流率は排尿量によって同じ人でもかなり変化するので、1回の検査だけでは重症度や治療法は決められません。
 尿流率は自分で測ることもできます。トイレに、秒針つきの時計と計量カップを用意しましょう。計量カップは、紙コップに自分で100mlと200mlのところに目盛りをつけるのでも十分です。さて、紙コップに排尿して、出はじめから出きるまでの時間を測ります。そして、尿の量を排尿の時間(秒)で割ります。たとえば、200ml排尿するのに30秒かかれば、200割る30で6.7。つまり、1秒あたり尿が流れる量(平均尿流率)は6.7mlというわけです。
 超音波検査では前立腺の大きさを正確に計測できます。前立腺肥大症では、全体が球形に肥大して、膀胱内に突出してみえます。正常の人では、前立腺は平たい形をしており、膀胱内にも突出しません。

 

治療法

 前立腺の肥大の程度と、症状の程度を考えあわせて治療方針が決まります。あまり肥大していない場合は、薬物療法で症状を抑えます。薬には、尿の出をよくするものと、前立腺の肥大を縮めるものの2種類のものがあります。
 尿の出をよくする薬としては、私たちの内臓や血管の働きを活発にする交感神経の働きを抑えて血圧を下げ、前立腺の平滑筋をリラックスさせて尿道を広げる作用をもつものがあります。
 前立腺の肥大を縮める薬としては、女性ホルモンの1種のプロゲステロンから作られたものもあります。前立腺は男性ホルモンに支配されているので、その邪魔をする薬を服用すると前立腺は縮小します。ただ、中止すると元に戻ることがあるのと、服用し続けると、インポテンス、むくみや発熱などの副作用が現れることがあります。
 前立腺の平滑筋をリラックスさせる薬の副作用としては、低血圧とそれに伴う立ちくらみやめまいなどがあります。最近、血圧を下げずに平滑筋をリラックスさせる薬が何種類も登場してきました。このことにより、ホルモン作用がなくて、しかも症状をよくする薬の選択肢が増えました。前立腺肥大の薬としては、これまで述べた2種類の他に頻尿の改善を目的としたものがあり、併用されることが多いのです。
 ただし、前立腺肥大の薬は、前立腺肥大自体を治すことはほとんど望めず、服用をはじめたらずっと服薬する必要があることも知っておいて下さい。薬物による治療はあくまでも対症療法であり、根治させるためには手術が必要です。なお、これらの薬剤は他の薬と併用しても相互作用はありません。胃腸薬や喘息薬は膀胱の力を弱めて尿閉を起こすものもあります。
 前立腺肥大症の手術は、泌尿器科の手術の中で3分の1くらいを占め、いちばん多い手術です。現在、行われている手術のほとんどは、内視鏡を先端につけた電気メスを尿道から入れて、肥大した前立腺を少しずつ削りとる方法です。下腹部を切開して行う手術はだんだん減って、肥大が大きな場合のみに行われるようになりました。どちらの手術も健康保険が利きます。手術後も、性交は今まで通り可能です。ただし、子どもをつくる能力はなくなることがあります。
 入院が不要な治療法として話題になった治療法に、高温度療法があります。アンテナ線の入ったカテーテルを尿道に入れ、そのアンテナから電子レンジと同じようなマイクロ波を出して肥大部分を加熱する治療法です。所要時間は1時間程度です。頻尿などの刺激症状のみで肥大の程度が軽い人にはかなり有効ですが、肥大の程度が強く尿路閉塞を起こしかけている人にはあまり効果が期待できません。
 その他、カテーテルを留置する方法もありますが、治療というよりも、一時的に尿路を確保する処置といったほうがよいでしょう。

 

日帰り手術について

当院では前立腺肥大症の日帰り手術にも対応しております。
お気軽にご相談ください。